柄on柄

一見難しい印象の柄と柄の組み合わせ。
織りの柄(ヘリンボーンや千鳥etc.)やニットの柄も抱負な秋冬シーズンこそ
柄on柄を取り入れればコーディネートの幅が広がる。


柄はサブにまわして

スタッフ身長:155cm
刺繍柄のパンツとストライプのシャツの柄on柄。 ドルマンのカーディガンをトップにすればストライプもうるさくない。 柄を部分使いとして見えるように使うのは柄を手懐けるこつ。

細かいチェックは無地と同じ扱いでいい

スタッフ身長:159cm
このシーズンらしい織柄のひかえめなチェックは、無地のように扱って。 編み柄のニットも、同じムードのアイテム同士だから柄on柄でも気楽。

ボーダーは柄×柄の定番

スタッフ身長:160cm
主役になる柄同士でもボーダー×チェックならぶつからない。 着崩さずきちんと着るなら柄on柄でもスタンダード風に着こなせる。 足元は靴下とぺたんこできちんと感をだして。

サブ柄は裾から見せる

特徴的な大きい柄のワンピースを主役に、サブの小柄を裾からのぞかせる。 柄の大きさのちがいでコントラストに差ができるからぶつからない。 がちゃがちゃ感のでやすい柄on柄もやわらかいトーンのオブラートでやさしくなる。