こっちの色をこっちでも

アイテム同士の色をそろえることが
ラクにおしゃれ見えさせるセオリーのひとつ。
ニットとバッグの色をそろえる。マフラーの色を靴の色をそろえる。
「こっちの色をこっちでも」使うだけで
計算高くコーディネートしているように見える。

柄から色をとりだす

スタッフ身長:159cm
プリーツスカートのチェックの中からピンクをピックアップしてマフラーに使う。 あるのとないので統一感がちがう。

グリーンを差し色にとどめない

スタッフ身長:162cm
トップスのグリーンをバッグに、ソックスに、マフラーに。 ひとつの色を小さい面積で何度も繰り替えすとコーディネート全体にリズムが生まれる。 単品使いでは個性のあるグリーンも、強めのダークカラーと合わせればやわらげ役に。

都合のいいカラータイツ

スタッフ身長:164cm
スカートの2カラーを足元にも。 ベージ、オレンジ、ブラウンのあったかカラーでまとめて女性らしく。 色味を合わせるのに服や靴はそろえるのが大変だけどカラータイツなら手軽。

個性派こそ計算高く

スタッフ身長:155cm
両袖がバイカラーのポップな個性派プルオーバーも、 足元で計算高く色を繰り返して自分らしく。