「推し事」を楽しむ


こんにちは、彩花です。

わたしの趣味の1つはライブにいくこと。
ライブの遠征がてらに旅行行ったりするくらい遠出もします。笑

ロックも好きですが、女の子のアイドルも大好き。
中でも大好きなのが「でんぱ組.inc」。

かれこれライブに行き出して6年くらいになりますが
今年の1月に推しメンの夢眠ねむさんが卒業しちゃいました。

卒業公演は武道館。
しょっぱなから泣き続けて、頭が痛くなりました。笑
ファン想いでアイドルとして最高の幕引きに
ねむきゅんを好きになってよかったなあと改めて思うようなライブでした。

そのねむきゅんが卒業後に店主としてオープンしたのが「夢眠書店」。
「本好きのための本屋ではなく、これからの本好きを育てる書店」
がコンセプトの本屋さんです。

完全予約制で、夫婦か女性しか予約ができない書店。

なぜ男性だけで入れないかというと。
1番最初のコンセプトが、
小さなお子さん連れのお母さんが周りを気にせず
気兼ねなく本屋にこれて、誰かのつくったご飯を食べられて
クリームソーダみたいなちょっとおでかけしたようなものを味わえて、、
そういう場所をつくりたいというところからきているそうで
私が行ったときもお子さん連れの方がほとんど。
(ずーっと昔からのファン同士で結婚して子供連れてきてる
なんてひとも結構たくさんいて、なんだかぐっときます。笑)

イラストレーターさんや飲食店とのコラボや
シルクスクリーンのイベントなどもやっていて
今度はイベントのあるときにもいってみたい。

入り口入ると、ねむきゅんがレジにいて
「いらっしゃいませ」と言ってくれて一瞬固まりました。笑
奥の方にカウンターや子供がお昼寝できるようなスペースもあって

こんな感じで軽食や飲み物も頼めます。
わたしが行った時は生ハムの塊が置いてあって
目の前で削いで出してくれました。(すごい!)
ねむきゅんのお姉さんが料理人さんで
お姉さん特製のご飯も食べられる日も。

本棚の写真撮り忘れてしまったのですが
床や棚などできる範囲でほとんど手作りだそう!
リーラもかなりDIY精神高めなのでちょっと親近感。笑


(ネイルもねむきゅんのカラーに合わせてミントグリーン!)

ねむきゅんが1冊ずつ発注して本を置いていて
前回行った時は
「愛についての感じ」という小説を買いました。

ねむきゅんが解説しているからという理由で買ったけど
おもしろかったです。まさに、愛についての、感じ。

次に行ったときはレシピ本を狙いたい…!!

ねむきゅんの容姿だけじゃなくて
考え方や生き方もとってもすきなので
アイドルをやめてからも関われる機会
発信するものを見られるの機会があるのって
とっても嬉しいことだなあと思います。

年に数回は本を探しに
いつになるかは全然わからないけれど
結婚して子供を産んでからも一緒にいきたい場所です◎