「お手入れ」を楽しむ





ゆうりです。

洗濯以外に服のお手入れってしていますか?
わたしは、高いのとかお気に入りだけはちょっとやるけど
それ以外は衣替えのときにいっきにタイプです。

手入れをせずほったからかしにしていたコートを
復活させてみようと思います。











もらいもので、意外と使いやすいから毎年着てるけど
とくべつお気に入りっていうわけでもないし
特に高いものでもないから、どうも手入れせずほったらかしに。
かれこれ30年近く着られてることになる、リアルヴィンテージです。












 
 









よくよく見てみると、ひどい状態。


















ねこが服の上で寝たりするともう、ねこの毛が繊維に入り込んでたり。。


さて!まず洋服ブラシでブラッシングしていきます。

ブラッシングは・・
———————————————-
①ホコリやごみを払う
 繊維の布目に逆らってブラッシング。表面をこすらずささっと払うかんじ。
②繊維の流れを整える
 繊維の布目に沿ってコーミングするようなかんじ。

 ※繊維の布目は、わかりにくいものもあるけど
 通常はハンガーにかけたときに上から下に流れます。
 袖は肩から袖先へ、というかんじで。
———————————————-








ブラシはぴんきりですけど、わたし的には安いもので十分。
これは馬毛ので、1000円くらい。
ブラッシングはこれからの季節花粉対策にもいいみたいですね。
花粉症の人は、帰ったら玄関でしっかり払って、
部屋にもちこまないようにするといいそうです。




 

 






ひとまず左だけブラッシングしました。
これだけでけっこうかわります。表面が断然きれい。


今回は、どれだけ変われるか見てみたかったので、
家でできるフルコースを試してみました。

 ブラッシング (布目に逆らってホコリとり)
 ↓
 毛玉をとる (「とる」より「刈る」というほうがしっくりきます)
 ↓
 スチームアイロンで形を整える
 ↓
 ブラッシング (布目に沿ってコーミング)

 
 










毛玉とりは、厚手のものは断然毛玉取り器で。
わたし、愛用器があります。
TESCOM / KDD778 / 3000円くらい。
毛玉取り器にしては安くないけど、電池式のと比べるとパワーがまるでちがうし
持ちも良いので、これはおすすめです。
(※毛玉取り器は、中肉・厚手のものにおすすめで、
薄手の生地の毛玉にはおすすめじゃないです。タイツとかだめ)


なかなか元の状態が悪かったから、
コートひとつに30分くらいかかりました。

でもかなりきれいに見ちがえました!







 

















さらさら~









































































ひととおり手入れをしてみると愛着がわいてくるものです。
やってみるとお手入れは案外たのしい。
こまめにやらないとね。































ではでは、さっそく着ておでかけ!